運動不足で肌荒れになる?

肌が最近乾燥しやすい、また肌荒れになり、なかなか元の肌質に戻らないと悩んでいる場合には、なんらかの原因が考えられます。

食生活、生活習慣などを一度、全体的にチェックしてみることも大切です。また、肌荒れの原因の一つとして運動不足も考えられます。

運動をあまりしない生活を続けていると、血流の悪化につながります。また、代謝機能の低下にもなるため、肌荒れになる可能性があります。

運動不足の状態で血流が悪化すると、血液によって食事でとった栄養が肌にしっかりと送られなくなるため、肌の栄養不足が起こります。

その状態が続いてしまうと、肌が乾燥しやすく、肌荒れになりやすい傾向があります。

また、肌荒れになってしまうと、その状態からなかなか回復しなくなることもあるため、できるだけ運動不足を改善していくことが重要です。

定期的に運動をする習慣を身に着けることが大切ですが、最初はあまり過度な運動をせずに、軽めの運動を心がけましょう。最初から、無理に過度な運動をしてしまうと、体を痛める結果に終わります。

ウォーキングなどから始めて、それから少しずつ運動量を増やしていくことで、体を慣らしていきましょう。

運動は継続していくことが大切です。

011

運動不足になる原因にはどのようなものがある?

「出不精」と言う言葉がありますが、出不精が原因で運動不足になることがあります。例えば、マンションの2階に住む人よりも10階に住む人の方が、運動不足になりやすいことが判っています。

2階に住んでいる人は、階段で1階まで降りて外出します。しかし、10階に住む人はエレベーターを待ってエレベータに乗るので、1階に下りるまでに時間を要します。

それがついつい出不精になる原因なのでしょう。また、寒さや暑さも運動不足を招く原因となります。

寒い時に外に出ると血圧が上がる、暑すぎる時に外出して熱中症になったら大変だと、警戒心が働いて外に出るのをためらう人も少なくありません。

真夏や真冬と比べると、春や秋の方が運動不足は解消されます。このように、高層階に住んでいることや、寒さや暑さなどは運動不足の原因になります。

しかし解決方法もあります。運動は室内でも可能です。テレビを見ながら、その場足踏みや、駆け足をするだけでも結構な運動量です。

CMの間だけ立ち上がって、その場駆け足をしてみてください。結構息が切れます。運動は週に1回だけ行うよりも、毎日少しずつでも継続して行う方が良いと言われています。

フィットネスクラブに通わなくても、外に出なくても、このようにして体を動かしましょう。

012

運動不足によるストレスで身体に不調は起こる?

結論から言うと、運動不足によるストレスが原因の不調は起こります。

現代では多忙な日々を送っている人が多く、ただでさえ疲れているのに、運動するなんて考えられないという人も多いことでしょう。

しかし、疲れているからといって運動しないでいると、かえって心身の負担が大きくなり、悪循環に陥る場合があります。今回は、運動不足によるストレスがもたらす身体の不調についてご紹介しましょう。

まず、運動不足によるストレスは身体面での不調をもたらします。人間の身体には、ファティーグ・ファクターという疲労因子があります。

これが蓄積すると病気にかかりやすくなり、また生活習慣病の原因にもなります。運動をしないでいるとたまった疲れが取れず、疲れるとさらに運動したくなくなり、結果的には負のスパイラルに陥ります。

また、運動不足は精神面でも不調をきたす場合があります。運動をしないと自律神経の働きが抑制され、体内のホルモンバランスが乱れることで気持ちが不安定になります。

その結果、イライラしやすくなったり、憂鬱になったりします。また脳の働きも落ちるため、仕事や家事の能率もダウンします。

運動は、疲れを取ったり心の健康を保つためにするものでもあるのです。

時間の取れない人も、少しのストレッチでも良いので始めてみることをおすすめします。

013

ジョギングは効果的?

ジョギングは運動不足に効果的だと言えます。

運動には、筋力トレーニングのような無酸素運動と、ジョギングや水泳・エアロビクスなどの有酸素運動の2種類がありますが、前者の無酸素運動は、運動不足の解消に必ずしも効果的だとは言えない面があります。

すなわち、血管の中を血液がスムーズに流れていない状態で、筋力トレーニングのような無酸素運動を行って身体が力んでしまうと、血管中を流れる血液がせきとめられてしまって、命を落としてしまう、というようなことにもなりかねないわけなのです。

反対にジョギングや水泳・エアロビクスなどの有酸素運動は、血管中の血液の流れをスムーズにしてくれますので、運動不足の解消に向いている運動ということになります。

ただ、水泳を行うにはプール等の運動施設が必要となりますし、誰でもが泳げるわけではありません。また、エアロビクスを行うにもフィットネス・ジムなどを利用する必要があります。

ですから、ジョギングは一番やりやすい有酸素運動であると言うことができるのではないでしょうか。

ただ、筋力トレーニングのような無酸素運動も、筋力をつけるのには効果的な運動ですから、有酸素運動と組み合わせて行っていくと効果的です。

014

関係性があるおすすめサイト

運動不足の解消ができれば、脂肪燃焼も期待できます。運動をしないときよりもカロリーを消費できるからです。

運動以外に、食べるものについての改善も大事です。食物繊維が多いものを食べるのが効果的なこともありますから。

もちろん、漢方などの商品を使っていくというのも選択肢には上がってくるかと思います。生漢煎が私の周りでは話題になっています。

ですが、そのような漢方にたよる以前に、食べ過ぎなどの食生活にも注意することが必要です。

食べ過ぎて気持ち悪い…という経験がある人は多いはずですよ。

食べ過ぎによる下痢や腹痛、胃痛などは、運動不足の解消以前に注意しなければいけないことですね。

こちらのサイトで、食べ過ぎに関する情報を紹介してくれています。

http://michinoeki-tazawa.com

ご参考までにどうぞ。